ひどい虫歯の治療例(50歳男性)


治療前

50歳男性の患者さんです。かつて治療で歯を削る際、大変痛い思いをした経験があり通院が大の苦手になってしまった方です。いつも完全に治療を終えることなく、歯科医院から足が遠のいてしまうことばかりだったそうです。虫歯の痛みは市販の痛み止めのお薬で、なんとか我慢してきたそうです。


しかし、食事も思うようにとれない、仕事上の日常会話にも支障を来すなどの苦痛に困り果てて、一大決心のもと、改めてしっかり治療することを決意されて来られました。


診断の結果、かなりのひどい虫歯で、上顎の数本に関しては、残せないことが分かりました。通常の虫歯治療では、このような歯は土台が作れないため抜歯になりますが、クラウンレングスニングという方法を用いて、歯茎を少し下げて、歯茎の下にある根を露出させると、露出した根に土台を立てることが可能になるので、抜歯しないで被せ物を作ることが出来ます。この患者さんにはクラウンレングスニングで根を露出させて、土台を立てて差し歯を支える方法をとりました。


治療後


こちらの写真は、治療後の写真です。残せない数本の歯を抜いた後、残りのすべての歯の歯茎の処置と根の治療を行い、土台を立てて、差し歯を作った状態です。一本ずつの歯があまり強い歯ではなかったため、すべての歯をつないで固定させています。


食事もバランス良く栄養価のあるものを食べられるようになり、以前は血液検査でコレステロールが高いと言われていましたが、それも自然と下がってきました。