重度歯周病(ひどい歯槽膿漏)の治療例(49歳女性)


治療前


49歳の女性の患者さんです。歯周病が進行してしまい、ほとんど物が噛めない状況で来院されました。

長い間、奥歯が無いままでいたために、前歯への負担が大きく、前歯全体が摩耗して、短くなってしまったそうです。また、前歯が短くなったことで、全体的に噛み合わせが低くなってしまい、食べる時の効率が悪くなっていました。

かなり重度の歯槽膿漏でしたので、パーフェクトペリオトリートメントを3段階に分けて行い、歯槽膿漏の処置をすべての歯と歯茎に施しました。

その後、治療後の写真です (右下)。上下の歯すべてをジルコニアオールセラミッククラウンにして、噛み合わせの高さをあげて、ブリッジタイプの差し歯で歯を繋ぎました。向かって右側奥の虫歯の歯は、クラウンレングスニングなどを行って、歯を残しました。噛み合わせも理想的な高さにしたので、とても良く噛めるようになりました。

 


治療後