重度歯周病の治療法 クラウンレングスニング

crown.gifクラウンレングスニングとは、歯冠延長術とも呼ばれる歯茎の処置の治療法です。抜歯しない治療法の一つとなります。

クラウンレングスニングについて

歯というのは歯槽骨の中に埋まっていますが、虫歯が進んで歯茎の上に出ている歯の部分(歯冠)がほとんど無くなって、歯の根(歯根)の方まで虫歯が進み、歯茎が覆いかぶさった状態になってしまうと、通常の虫歯治療では、歯に土台が作れないため、抜歯になります。

しかし、クラウンレングスニングやエクストルージョンで、健康な歯の部分を歯肉の上に出すことで歯を抜かずに残すことが可能な場合もあります。

このクラウンレングスニングは歯冠長延長術ともいい、歯茎や歯槽骨を削る歯周外科の治療領域で、その名の通り歯茎を少し下げて、その下にある虫歯や歯が割れている部分を露出させる治療法のことです。

歯茎の下にある根を露出させると、露出した根に土台を立てることが可能になるので、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るのです。

歯の根自体を矯正力で引っ張り出すエクストルージョンとの違いは、主に適応症の違いです。


エクストルージョンの詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウンレングスニングの治療例

クラウンレングスニングの治療前
rengus-before.jpg左の画像は、他の歯科医院で抜歯と言われてセカンドオピニオンを求めて来院された方です。

診査の結果、歯根はしっかりしていましたので、クラウンレングスニングを行うことにしました。

歯根全体を引っ張り上げるエクストルージョンと比較すると、歯茎を下げて歯根を掘り出すような処置です。

クラウンレングスニングの治療後
rengus-after.jpg左の画像は、写真はクラウンレングスニング後、被せ物の土台を立てたところです。

健康な歯質をすべて歯茎の上に出せたので、適合の良い被せ物を作ることができました。