糖尿病とは

糖尿病は、糖を消費するために必要なインスリンの量が不足することによって、血液中の糖の値(血糖値)が高くなる病気です。糖尿病にはT型とU型があり、


●生活習慣に関係なく若者にも起こるT型(治療にインスリンが不可欠なためインスリン依存型糖尿病とも呼ばれます)

●生活習慣に大きく関係するU型(インスリン投与が不要な場合もあるためインスリン非依存型糖尿病とも呼びます)


という違いがありあます。

特に、U型は、生活習慣病ともいわれるように運動習慣や食生活が関連しています。肥満の人にも起こりやすく、また、歯が弱くなったり、歯を失ったりして柔らかい糖質の多いものを食べ続けると血液中に糖が増えて糖尿病になる確率も上がります。(なぜなら柔らかい食べやすいものには糖質を多量に含むものが多いためです)

そして、いったん糖尿病になると感染症への抵抗力が落ち、ほかの病気にもかかりやすくなります。血流の障害により口の中でも歯肉の血管が弱り、感染に抵抗する力も低下してしまい、さらに歯周病も進行してしまいます。 

hlt004a-s.jpg

 

 

 

 

 

 

  

歯周病と糖尿病の関係について

近年、多くの研究者が、歯周病が全身に及ぼす影響に注目し始めました。

中でも糖尿病は、歯周病と密接な関係が確認され、ある研究機関の報告では、歯周病菌の細菌数を減らす治療をしたところ、それまで良くならなかったヘモグロビンA1c(過去1〜2ヶ月の血糖値の状態を示す指標)が劇的に改善した人もいたほどだったのです。

また、歯周病菌が血管内に入ると、血栓が出来やすくなり、心臓病や脳梗塞のリスクを高めるという研究報告も相次いでいます。さらに、歯周病が悪化すれば、間接的に失明、手足の切断、突然死の引き金になるかもしれないとも言われています。

歯周病が糖尿病を悪化させる理由として、糖尿病は血液中にある阻害物質が増えることで、糖分を細胞にしまうインスリンの働きが弱くなるという性質があります。実は、歯周病で歯茎が炎症を起こすと、この阻害物質が増えてしまうことが近年の研究からわかりました。

これは、体内に侵入した細菌やウイルスと戦う免疫細胞のマクロファージが、細菌と戦う時に阻害物質を出すからなのです。つまり、歯茎で歯周病菌とマクロファージが戦うと、マクロファージから阻害物質が放出され、インスリンの働きが阻害されて、糖尿病が悪化するわけです。そして、この状態が続くと、糖尿病によって体の抵抗力が下がり、歯周病菌がますます増えるという悪循環に陥ってしまいます。

 

 
 
 

 cdde005-s.jpg

 

 

 

 

 

重度歯周病と全身疾患のページに戻る